スポンサードリンク

2009年06月14日

高麗人参の歴史

高麗人参は、数千年の歴史があります。

日本への伝来は、739年。

渤海文王の使者が人参30斤を聖武天皇に奉呈した記録が残されています。

また、奈良の正倉院には、高麗人参が保存されており、

光明皇后が「健康の為に人参を用いるべし」と、

高麗人参を人々に勧められたという文献も保存されています。

江戸時代の「人参座」は徹夜行列ができるほど盛況で

1700年頃は高麗人参の人気上昇と共に、

品不足で価格も急騰したそうです。

高麗人参の貴重さを物語る「悲話」として

親の為に孝行娘が身売りをして高麗人参を手に入れたという

悲しい話も語り継がれています。


posted by 漢方の王様 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 高麗人参の歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。